アプデという名の血祭り劇場

目安時間 10分

こんばんは(^^)
てつです。

 

 

いきなりビックリさせちゃってすみません。

 

 

今回は、つい最近話題になった「コアアップデート」の話をしていこうと思って
ちょっと斬新なタイトルにしてみました。

 

 

なので「何かの怖い話」だとか「何かヤバめな出来事の話」とかではないので悪しからず。

 

 

ん!?そういう話も興味ある!?

 

 

コメントいただけたら、話していきますね( *´艸`)

 

 

とまぁ、冗談はここまでにして。

 

 

泣く子も黙る「コアアップデート」再び

 

さんは、「コアアップデート」というのをご存知ですか?

 

 

今現在アフィリエイトに取り組んでいらっしゃる、または昔やっていたという方は、一度は耳にした事があるはずです。

 

 

検索エンジンの絶対的権力者「Google」が定期的におこなってる

 

『検索順位の大幅な見直し』

 

の事です。

 

 

これはGoogleが、ユーザーにとってより使いやすい検索エンジンを目指すために不定期におこなっているんですね。

 

 

過去10年で有名なものといえば

 

・2011年のパンダアップデート…より最新の情報が検索結果に表示されるようになったアップデート

 

・2012年のペンギンアップデート…外部リンクを貼り付けただけの低品質なサイトの評価を下げたアップデート

 

・2013年のペイデイローンアップデート…ローンやクレジット関連、アダルトやポルノ関連のキーワードで過剰なスパム行為をやっているサイトの評価を下げたアップデート

 

・2013年のハミングバードアップデート…会話型の検索クエリに対して、より適切で関連性の高いコンテンツが検索上位に表示されたアップデート

 

・2014年のベニスアップデート…ユーザーの位置情報が検索結果に反映されるようになったアップデート

 

・2015年のモバイルフレンドリーアップデート…スマートフォンで見やすくて使いやすいページの掲載順位を引き上げたアップデート

 

・2017年のフレッドアップデート…広告を多用し、収益を目的としているサイトやコピーコンテンツ、自動生成の記事の評価を下げたアップデート

 

・2017年の医療健康アップデート…医療従事者や専門家、医療機関等から提供され、より信頼性の高い情報が上位表示されるようになったアップデート

 

・2018年のコアアルゴリズムアップデート…検索ニーズを考慮した品質高いサイトの評価を上げるアップデート

 

・2019年のBERTアップデート…検索キーワードに対してより潜在意識を考慮したサイトの検索結果を評価したアップデート

 

・2020年以降は定期的なコアアルゴリズムアップデート

 

です。

 

 

2020年以前は、1年に一回ある特定の記事に対しての評価変更をおこなっていましたが、それ以降は大幅なアップデートを年内で定期的におこなっています。

 

 

そして今月の17日、コアアルゴリズムアップデートが施行されました。

 

今やAIの技術もすごい進歩しており、昔のようにテクニックを駆使したサイトというのは評価の対象にならなくなったということですね。

 

 

こうした事から「ペラサイトはオワコン」だとか「ブログはオワコン」などといったネガティブなイメージばかりが先行しちゃってるんです。

 

 

ホント…厳しい世の中になりました…。

 

 

とは言いますけども、私としてはいい時代になったなと思ってます。

 

 

いや、大げさに言えばむしろチャンスが近づいているなと!

 

 

だって冷静に考えてみてください。

 

 

これだけ度重なるアップデートが繰り返されてるんですよ!?

 

 

それまで裏ワザ的なやり方で稼いでいた方達が撤退しているんです。

 

 

これって裏を返すと

 

『ライバルが大幅に減っている』

 

という事なんです!

 

 

裏ワザなんかに左右されず、「ユーザーの事を第一に考えた記事」を意識して作業に取り組めば、ひと昔前よりも稼ぎやすくなる事は間違いないと断言できます。

 

 

繰り返されるコアアップデート|ペラサイトはどうなる?

 

ただし、ここまで頻繁にアップデートが繰り返されると、ペラサイトだけで収益化を狙うのは厳しくなるとも考えています。

 

 

だからこそ、私なりにいろんな対策を考えてるわけです。

 

 

例えば以前お話した「SNSでアクセスアップを図る」というのもその一つですし。

 

 

他にも「記事を追加して特化性を強化する」という考えもあります。

 

 

とにかく「見込み客」さえ集まれば収益化は狙えるはずですから、これからも分析を重ねて強化していきます。

 

 

また新たな動きがあったら随時報告しますね。

 

 

あっ!因みに検索順位の状況ですが、「商標単体」での順位があがってきてますよ。

 

 

今現在は30位台半ば。

 

 

前回のメールから20近く順位を上げてきてる状況ですね。

 

 

どこまで盛り返すか、見届けていきます。

 

 

それでは(^^)

 

 

あとがき

 

今回の斬新なタイトルのいきさつだけお教えしときますね。

 

 

実はこの言葉、あるアニメのキャラクターのセリフをモチーフにしたものなんですが。

 

 

お気付きになられました?

 

 

そう!あの国民的大ヒットアニメ「ドラゴンボールℤ」に登場したブロリーのセリフからとったものです。

 

 

過去に3部作で上映されてましたが、最初の作中の中でこんな事を言ってました。

 

 

「カカロット…まずお前から血祭りに上げてやる」てね。

 

 

それを「血祭り劇場」と言葉に変えて、コアアップデートにこうなぞらえました。

 

 

『伝説のスーパー検索エンジン(サイヤ人)グロリー(ブロリー)によるアプデという名の”血祭り劇場”』みたいな( *´艸`)

 

 

さらに彼はこんな事を言っていました。

 

 

「お前が闘う意思をみせなければ、俺はこの星を破壊しつくすだけだぁ」と

 

 

それをこんなふうになぞらえました。

 

 

『お前がリライトする意思をみせなければ、俺はこの記事を圏外へふっ飛ばすだけだぁ』なんて。

 

 

まぁちょっと無茶ぶりが過ぎましたかね(^^;

 

 

すいません、「つまんね」と思ったらスルーしてください。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に関連する記事一覧

てつ

美容師ブロガー

てつ

あなたの応援が励みになります(^^)
「稼ぐ記事」をマスターするならこれ!
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ