ジャンル選びがわかりまテン(´;ω;`)

目安時間 5分

こんにちは(^^)

てつです。

 

読者様から頂いてたアンケートについてのお答えが滞っておりましたので、今回はそのお話をしていきます。

 

ジャンルの選び方についてのアドバイス

今回はペラサイト、特化ブログどちらにも精通する「ジャンル」選びについてお話していきますね。

 

これですね~、アフィリエイトを始めたばかりの時かなり悩んでたんですよ。

 

よくブログの中で

 

・売れてるジャンルを選べ

・需要のあるジャンルを選べ

 

なんて書かれてはいるものの、実際にどんなジャンルが売れていてどんなジャンルが需要あるかなんてわかんない訳です。

 

逆に「こんなジャンルだと失敗するよ~」というものもね。

 

今となっては経験を積んだおかげで自分はどんなジャンルに参入すべきかというのもわかるし、優しいブロガーさんが実際に「売れてるジャンル」ってのを公開してくれてます。

 

失敗するジャンルについてもです。

 

ただ、はっきり言って「これを選ぶといいよ」「これは避けた方がいいよ」といった答えを提示するのは難しいです。

 

なぜなら、情熱の度合いで売れるか否かが決まっていくから!

 

 

そうなんです。

 

たとえ「答え」を提示してあげたとしても、受け取った方はそのジャンルに情熱を注げるかもわからないし、情熱がなければ売れる物も売れるようになっていかない訳です。

 

なので、まずは「何を選ぶか」ではなく「どんな事だったら情熱を注げるか」

これを意識してみてください。

 

ほとんどの方が、「売れる商品」「売れるジャンル」からスタートしてしまうのですが

これだけだと失敗する可能性が高いです。

 

なので以下の内容を書き出して発信する内容を決めてみてください。

 

・自分の過去の経験

・自分が好きだった事、嫌いだった事

・嬉しかった経験

・苦しかった経験

・今現在の生活の中で困ってる事、解決できた事

 

最初は書き出すだけでも面倒だと感じるかもしれませんが、できるだけ書き出す作業を行うと「自分が発信すべきジャンルは何か」が理解できるようになってきます。

 

 

例えば、こんな感じで。

 

ジャンル選びの一例

・過去の経験⇒高校生の時、ニキビに悩まされてつらい思いをした

 

・嫌いだった事⇒ニキビが酷かった自分の肌

 

・苦しかった経験⇒ニキビが酷くて、女の子にキモがられていた。

 

・今現在解決できた事⇒○○に出会ってツルツルの肌を手に入れた。女の子に「肌が綺麗」と褒められるようになり自信が持てた

↓ ↓ ↓

ニキビ肌を改善して女子ウケするようになるための男子学生向けスキンケアブログ

※これは実際に経験してる内容ではなく、あくまでも一例です

 

 

このように自分が経験した事を振り返って、「これなら自信もって伝える事ができる」と思えるものを引き出していけば、ジャンル選びで迷う事はなくなりますよ(^^)

 

 

是非やってみてくださいね(^^)

 

◆あとがき

 

今回ご紹介したジャンル選びの方法、ちょっと新鮮だと感じる方もいたのではないでしょうか。

 

実はこの方法、先日からちょこちょこ取り上げております「ファンブロ」の手法を使っているんです。

 

これ、マスターしちゃったら「なんであんなにジャンル選びで迷ってたんだろ」と疑問に思うようになります。

 

それだけの力がありますよ(^^)

 

 

この記事に関連する記事一覧

てつ

美容師ブロガー

てつ

あなたの応援が励みになります(^^)
「稼ぐ記事」をマスターするならこれ!
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ